5・6月限定 水無月ケーキ発売中!

水無月ケーキ

水無月ケーキ

京都では、6月に近づくと必ず目にする和菓子「水無月」。
外郎(ういろう)の上に小豆をのせた、三角型のひんやり美味しい和菓子です。京都では、6月30日に無病息災を願い食べられます。
そんな「水無月」を、菓子職人では洋風にケーキでお作りしました。
今年の初夏は、水無月ケーキで暑気払いはいかがでしょうか。

《冷蔵タイプ》賞味期限:冷蔵保管にて当日中 ※冷蔵タイプは店頭販売のみ
《冷凍タイプ》賞味期限:冷凍保管にて20日。解凍後2日間。

水無月ケーキ 美味しさの秘密

ホワイトチョコムースと、黒豆とあずきのムース、ココナッツ生地が織りなす絶妙なハーモニー。
ココナッツの甘い香りが初夏のデザートにピッタリです。

大納言+ココナッツ味のムース、ホワイトチョコのムース、黒豆とあずきのムース、ココナッツ入りの生地

1個 450円(税込) 4個入 1,800円(税込) ※オンラインショッピングは4個入のみ販売

なるほどコラム「水無月の由来」

6月30日に京都の多くの神社では茅(ちがや)の輪くぐり「(夏越祓)なごし」が行われます。寺社では茅(ちがや)で作った大きな輪を鳥居の下や境内に用意します。参拝者はこの茅の輪をくぐり、半年間の汚れを祓い清めて、残り半年が無病息災で暮らせますようにと、祈願する行事です。

室町時代の御所では、この「夏越祓」の時に「氷室」から氷を取り寄せ、暑気払いをしました。しかし庶民にとって夏の氷は貴重品。そこで氷片をかたどった三角形の和菓子が作られるようになったのです。これが「水無月」です。
京都では、和菓子店に水無月が並びだすと、盆地特有の「京の暑い夏」がやって来たと、思います。

あじさい

冷凍便
にて
お届けします

一度にお召し上がりになれない少人数のご家庭や、少しずつ食べたい!プレゼントに持って行きたい!というお客様にぴったりです。

解凍の方法

必要な量だけを冷蔵庫にて3〜4時間かけて解凍下さい。(冷蔵庫の保管温度・状況により異なります。)
(ご注意)
常温に放置されますと解凍にムラがあり、品質劣化の恐れがあります。

オンラインショッピング

水無月ケーキ(4コ入り)《冷凍タイプ》

水無月ケーキ(4コ入り)《冷凍タイプ》
商品説明:
ホワイトチョコムースと、黒豆とあずきのムース、ココナッツ生地が織りなす絶妙なハーモニー。ココナッツの甘い香りが初夏のデザートにピッタリです。
内容:
水無月ケーキ×4個
大きさ
6.5cm×6.5cmの2分の1 高さ4.5cm
賞味期限
冷凍保管にて20日。解凍後2日間。
価格:
1,800円(税込)

※発送最終日は、6月30日です。

冷蔵便

購入数   
この他、地方発送可能なホールケーキもございます
ホールケーキコレクションへGO!
この他、地方発送可能なシュークリームもございます
シューボンボへGO!